顧問弁護士の情報,顧問弁護士の選定,大阪,京都,神戸の顧問法律事務所探しは顧問弁護士インフォ

顧問弁護士の選定

法律の問題を親切にアドバイスしてくれる相性のよい弁護士を選びましょう

企業様の相談件数に応じて金額を明示している法律事務所やメール対応の可否を確認しましょう

顧問弁護士に依頼して、法律的側面からみた経営をしっかりしましょう
特に最近では通信の発達に伴いインターネットでの法律トラブルが増加傾向にあるので知らないうちに法律に触れることや権利を侵害される事案もたくさんあります

個人事業主の方は実際的に事業の運営が孤独になりがちで、かつ相手取引先とのトラブルの時に弱い立場になりがちです。
金銭トラブルは特に多いと思われますので、防衛策をとる意味でもいつでも相談できる味方となる弁護士を依頼してみてはいかがでしょうか?

みなさんは"ホームロイヤー"という言葉をご存じないでしょうか?
これは、個人が顧問弁護士をつけるいわば専属の弁護士ということであり、このようなサービスを行っている法律事務所も最近多くなっています。
料金の方も、月額5,000円くらいで法律相談にいつでも乗ってもらえるのはとても心強いと思われます。

弁護士を選ぶ際の特徴をしっかりと把握しましょう。
顧問先の弁護士数は選定する際のキーポイントになるのではないでしょうか?
個人顧問可能かも確認しましょう。
さらに面談だけではなくメール対応可能かどうか?を確認しましょう。

「顧問弁護士」はどんな仕事をするのか?(大阪弁護士会HPより抜粋)

皆さんのなかには、「顧問弁護士」という言葉を聞いたことがある方もおられると思います。企業や個人の方が身近な法律問題について継続的な相談をしたいという場合、特定の弁護士と顧問契約を結び、定期的に顧問料を支払って相談に乗ってもらうのが顧問弁護士の制度です。

通常顧問弁護士を依頼すると、一般的な法律問題の相談については、そのつど相談料を支払わなくても親切に相談に応じてくれるなど、企業や個人にとってはたいへん有意義な制度です。
ぜひ、かかりつけのお医者さんをお願いする感覚で、顧問弁護士を活用していただきたいと思います。

弁護士法人SOLA 顧問契約

関西地区の状況

1970年以来関西への人口流入超5カ月連続という記事が日経新聞2011年8月30日付けで掲載されているように、
関西は現在活気に満ちあふれています。きっかけは東日本大震災ということです。
詳細に関しては、総務省の住民基本台帳の人口移動報告によると、大阪、京都、兵庫、奈良の4府県(大阪圏)の7月の転入者数は1万3870人と転出者を764人上回り、5カ月連続で転入超過となった。転入超が5カ月以上続くのは大阪で万国博覧会が開かれた1970年以来、41年ぶり。

大阪などの都市圏への人口増加に伴い、当然事業者間の法的トラブルも増加します。
その中で、確実に身近に法律相談できる顧問弁護士が必要になると思います。
腕のよい先生には顧問の依頼が多数舞い込むものです。そのため、事業者様としては早い目に優良な顧問弁護士と顧問契約を締結しておくことが肝要になります。

業種・目的別顧問法律事務所

個人事業主個人であるが故の契約や取引先の売掛債権トラブルなどの悩みを相談することができます

小売・製造卸先の不良品対応・カスタマーからの悪質なクレーム対応など処理が分からない案件の相談などが可能です

不動産家賃未払い物件の立ち退きへの対処など、弁護士が介入しないと解決できない案件処理の相談などがあります

サービス契約書の確認、未収金回収などサービス業で起こりがちなトラブルを解決へ導くことができます

更新情報

2011/02/12 法律事務所の地図情報を追加しました

2010/11/01 兵庫の顧問弁護士情報を追加しました

2010/08/01 京都の顧問弁護士情報を追加しました

2010/06/21 顧問弁護士infoご質問などは⇒問合せ

2010/04/01 大阪の顧問弁護士情報を追加しました

2010/03/09 サイトオープンしました

ږٌm@

pagetop