顧問弁護士の概要,企業における法律問題の事例,法律問題の解決方法

ホームロイヤーとしての顧問弁護士

顧問弁護士は、あなた自身やあなたの会社が法律上のトラブルに巻き込まれてしまうのを未然に防ぐための提案や、万が一トラブルに巻き込まれてしまっても的確に処置をしてくれる医者のような存在です。
病院では医者が、病気の予防と治療に対しての処置をしてくれるように、顧問弁護士が法律上のトラブルを医者と同様に予防と治療のアドバイスをしてくれるものです。
顧問弁護士を有効に活用することで万全の経営をしていきましょう!

弁護士法人SOLA 顧問契約

企業の法律トラブルの一部事例

①製品の開発で、他者が契約を結ぼうといわれているが、相手にのみ有利な契約になっていないか・・・

②契約成立後に工事が中止になって、それまで進めたお金を支払ってくれない。

③取引先が倒産、売掛金の回収は・・・

④外国との取引で、契約書や取引上の問題は・・・

⑤土地を買ったが様々な問題が出てきた。

個人の法律問題の一部事例

①離婚問題に直面していて、元配偶者と協議中で精神的につらい。

②知人にお金を貸しているが、どうにかして返してほしい。

③親戚が逮捕されているが、知り合いに弁護士がいないので紹介したい。

④交通事故に巻き込まれたが、相手方が勝手に示談金を渡してきて解決した。

⑤賃貸物件を借りたが、敷金の件でトラブルになった。

ږٌm@

pagetop