顧問弁護士がいることのメリット

顧問契約のメリット

<御社の強力な法務部>
1.中小企業にとって,法務専属スタッフを置くことに関しては多くの場合,現実的ではないでしょう。そのために,法律問題が絡んでいても素人判断で習慣的に判断してしまいがちで,その結果,後々に問題が残る処理をしてしまいがちです。
2.顧問弁護士を”中小企業の法務部”の位置づけで活用してください。コストに関しては,法務専属スタッフを雇用することに比べれば,弁護士に対する顧問料ははるかに低く,尚かつ最初に採用し雇用を継続する手間に比べるとほぼ手間がかかりません。
3.顧問弁護士を依頼するコストは総合的に考えると,会社全体のコスト削減に繋がることとなります。

<経営者様・担当者様の不安の解消>
1.顧問弁護士が紛争解決の窓口となり紛争処理に対応するための時間とコスト、更に二次的に発生する損失を抑えることが可能です。
2.新規事業を立ち上げるときに顧問弁護士に相談することにより法律上の問題発生が起こることを未然に回避することが可能です。
3.取引先への売掛金の回収や取引先の倒産,労使の紛争,顧客との紛争,事故の発生等,事業を営む際に法的な紛争は不可避です。
4.日々の取引の中で多くの契約が交わされます。取引に際して法的な問題点を確認したり,契約書に必要な事項を盛り込むことにより,事前に紛争を防止することが可能です。

<コンプライアンス経営>
1.コンプライアンスとは簡単に言えば,法律や規則を遵守することを意味します。
2.顧問弁護士のアドバイスを日々の業務の中で受けることによって,コンプライアンス経営を徹底して健全な経営基盤を築くことができます。

<経営資源としての権利の保全>
日々の業務で発生する成果の中には,知的財産権(特許,商標,実用新案など)として,適切な手段を講じることによって,会社の競争力を高めて,事案によっては市場を独占することができる場合があるかもしれません。

弁護士法人SOLA 顧問契約

顧問弁護士を活用する上でのメリット

<相談>契約を結び、電話、メール、FAXとすぐに相談可能です。

<権利保全>取引先の突然の倒産などで、被害を最小化するための方法を提案します。

<教育>担当者レベルで解決できる案件を増やしていくことができます。

顧問契約の費用

法人の契約事務所により違いがありますが、大体月々52,500円~が一般的なようです。従業員・売上規模によります。

個人の契約個人事業主の料金は異なりますが、一般的に月々5,250円~となります。

ږٌm@

pagetop